結婚披露宴は席次表にもマナーあり!しかし楽しめる席の配置も必要

上座と下座に気を付けて配置をする

結婚式は、初めてのことながらも知らなかったでは済まされないマナーがたくさんあり、それは披露宴の席次表の配置にも関係しています。良い席であることは、招待客にとって自分は新郎新婦にとって大切な存在であることを知ることができますが、周りの人との関係も重要になってきます。招待客のみんなが嫌な思いをしないような席の配置が必要となり、とくに目上の人に関しては注意が必要です。披露宴の席では、前方が上座になり後方に友人、後方の端には親族というのが一般的です。さらに、左右で言うと右側が上座となるので、新郎やその招待客が右側に配置されます。また、円卓の場合には高砂に近い場所が上座になります。振り返らないと高砂が見えないという配慮をしがちですが、振り返らなくても見える位置は下座になることを理解しておく必要があります。

例外も考慮して配置をする

招待客との関係ばかりを重視して披露宴の席次表を作成してしまうと、せっかく楽しんでもらいたい場でもあるのにつらい思いをさせてしまうこともあります。上座と下座の区別は必要なのですが、同じ職場の人でも上司と同僚で分けてしまえば、たった一人で見知らぬ人の中に座ることになる可能性もあります。披露宴は2時間ほどの長時間にもなり、同じテーブルの人と食事や会話を楽しむ時間がたくさんあります。なのに、話す人が誰もいなくて退屈な思いをさせてしまうことにはさせたくないものです。とくに、少人数の披露宴では同じテーブルの人で楽しんでもらえるように、年齢や性別が同じような人を集めてみたりとちょっとした工夫も必要になります。

結婚式の席次表はさりげないアイテムかもしれませんが、案外、出席者や料理などの色々な情報が記載されているので、招待状や引き出物より大切に保管される可能性があります。したがって、装飾も工夫するべきです。