親の知らない我が子の表情…先生ありがとう!

学校で撮ってもらう写真

最近の学校は新学期を迎えるとまず一枚、桜の下や校庭で集合写真を撮ることが多いですね。新しい先生と新しい友達に囲まれて、緊張の面持ちで我が子が写っています。それを見て、今年はどんな一年になるかな、楽しい学校生活が送れるといいな、親は心配しながらも友達と並んで写っている我が子の表情を見て、ホッと安心します。家では見せない顔、よそ行きの顔がそこにはあります。

自然な活動の記録の中で

学校で撮ってもらう写真には、授業中はもちろん校外学習での一コマなど、自然な子供の姿がとらえられています。親がシャッターを押す時、どうしてもこっちを向いてもらいたくなりませんか?言うまでもなく、学校で、しかも授業中なので、先生は話しかけずにそっと撮影しています。そこがいいんでしょうね。その写真を見た親は、真剣な姿の我が子を見て感動するでしょう。

それでもやっぱり自分でシャッターを押したい!

学校の先生に撮っていただいた写真、本当に嬉しいですよね。ふと見せる大人びた表情、友達に囲まれて楽しそうな様子、真剣な眼差し。あぁ、こんなことがあったのか、と。でも、親っていうのは自分で子供を撮影したいものなんですよね。運動会、マラソン大会、音楽祭等々。学校には様々な行事があり、親が学校へ出向くチャンスが多々あります。ひと昔前と比べると、お父さんも積極的に参加しているようです。そんな機会があったなら、ぜひ、ご自身でもシャッターを押してみてください。子供も嬉しくなって、張り切ってしまうかもしれません。

学校写真は、多くの人の子供時代の思い出として残るものです。校舎や校庭の風景などと共に生徒を撮ることもあります。